嫌なわき汗を退治しよう|厄介な症状を嘘みたいに撃退

婦人

多汗症の対策

腕を上げる人

汗をかいた時、服についた汗シミや臭いが気になる人も多いでしょう。脇はエクリン線という汗腺が集まっているため、汗をかきやすく、ほとんどの人が暑いと汗をかきます。それでも、汗シミがついていると恥ずかしいものです。手を挙げることをためらい、臭いが気になって人ゴミを避けてしまうなど、人とのコミュニケーションが苦手になってしまう人もいるでしょう。 汗をかくことは体温調節の役割を果たす大事な機能です。しかし、通常のわき汗の量はスプーン1杯ほどです。激しい運動や夏の暑い日ではないのに、大量に汗をかいてしまう理由には、緊張や不安からくる精神的なものや、更年期などのホルモンの影響があります。 しかし、そうではないのに大量の汗が出て悩む場合には多汗症である可能性があります。例えば、汗脇パッドが手放せない、汗が気になって制汗剤を何度も塗りなおす、さらに周囲の目が気になって、仕事に集中できないなどのように、日常生活に支障をきたすようであれば、それは多汗症という病気の症状です。 汗の量が増えると、その分細菌も繁殖しやすい環境になるので、汗臭いと感じる臭いが発生します。そのため多汗症とわきがだと悩む人もいます。ただし、わきがはアポクリン線から出る独特の臭いを伴うので、多汗症とわきがは全く異なります。

わき汗が多い原因がわかれば対策も見つかります。緊張によるものであるのなら、精神安定剤を服用するのも一つの対策でしょう。ただし、これは依存症にもつながりやすいので、専門の機関にかかり自分に合った薬を処方してもらうことをお勧めします。 診察は、皮膚科や麻酔科・形成外科などで受けると良いでしょう。専門医の診察により、発汗量や重症度によって治療法が決まります。 代表的な治療には、わきの下に毎日塗ることで徐々に効果が表れる塗り薬や飲み薬、ポトックス注射があります。ボトックス注射とは、エクリン線の活動を抑え汗の分泌を減らす治療法です。汗の分泌を抑えるので、気になるわき汗の臭いも抑えることができます。個人差はありますが、効果は半年〜1年程度ほどで永久的ではありません。ただ、切らずに治療できるので、手術が嫌だという人にはおすすめです。 完全に治したいという人は手術が必要になります。手術の方法は、多くの医師が行っている剪除法の他に、直視下剥離法やイナバ式皮下組織削除法があります。いずれにしても、臭いの原因となる汗腺を取り除くため、わき汗の量も臭いも改善することができます。保険適用になる治療法もあるので、自分に合った治療法を診察時に相談して、多汗症が気になる人はまずはカウンセリングを受けると良いでしょう。