嫌なわき汗を退治しよう|厄介な症状を嘘みたいに撃退

婦人

多汗症でお悩みの方

カウンセリング

汗の量を抑えられます

暑いわけでもなく、激しい運動したわけでも無いのに多量の汗をかく多汗症、その中でも、特にわき汗については、服に汗シミが出てみっともなく見えてしまい、悩んでいる方が多いです。わきは、体の部位の中で、エクリン腺という汗腺が最も集まっている部分で、汗をかきやすい部位になります。汗の量は、精神的な要因が大きく関わっている為、ストレス・不安・緊張状態から、より多くのわき汗をかいてしまいます。また、食生活や運動不足といった生活習慣の乱れから、多量のわき汗をかいてしまう場合もあります。多量なわき汗の対策として有効なのが、整形治療です。治療方法として最もメジャーなのが、ボトックス注射です。ボトックス注射には、わき汗を抑える作用があるボツリヌストキシンが含まれています。ボツリヌストキシンには、神経や筋肉の動きを抑制する働きがあるので、わきに注射すると交感神経から汗腺へ汗を出す信号がブロックされます。そうすることで、汗腺の働きが止まりわき汗が抑えられるようになります。ボトックス注射の効果は、約半年です。その為、1年中ワキ汗を止めたいのであれば、年2回打つ必要があります。費用は保険が適用された場合で、1回両脇3万円程です。年間6万円でわき汗が抑えられるので、お勧めの治療方法です。

臭いも抑えられます

ボトックス注射は、わき汗を抑える効果があるのですが、それにプラスして臭いを抑える効果もあります。わきにあるエクリン汗腺は汗の量の原因で、アポクリン汗腺は臭いの原因です。ボトックス注射には、この2つの汗腺の働きを抑える作用がある為、汗の量を抑えると共に、臭いも抑えることができます。ただし、注意点として、ボトックス注射は、一時的に汗腺の働きを抑えるだけなので、強いワキガの場合は、臭いが残る可能性があります。もし、強いワキガで悩んでいる場合は、ボトックス注射よりも外科的な手術がお勧めです。ただ、通常のワキガでは、ボトックス注射で十分効果を得ることができます。臭いを抑える効果は、汗を抑える効果と同じく約半年なのですが、いくつか注意を守ることで効果を半年以上長続きさせることができます。一つは、ボトックス注射が効いている期間はサウナや岩盤浴などの積極的に汗をかく環境に行かないことです。汗をかく環境ですと、汗腺に負担がかかってしまい、早くボトックス効果が切れてしまいます。もう一つは、激しい運動をしないことです。激しい運動も汗腺に負担をかけてしまいます。もう一つは、ボトックス注射は、効果が完全に切れる前に、再度打つことが大事です。繰り返し効果が切れる前に打つことで、8か月ほど、効果を持続させることができます。ボトックス注射は、汗の量も臭いも抑えられるのでお勧めの治療方法です。